2017.05.25

URAKAWA yamori『住まいの問題解決帳』が完成しました!

浦河町の建築業界を将来中心となって担っていく若手有志で組織する、‟URAKAWA yamori”の制作により、浦河での暮らしや住まいにおいての困りごとをサポート・解決する、『住まいの問題解決帳』が完成しました。

 


夏は涼しく、冬は雪が少ない気候のため、本州からの移住者も多く暮らす生活のしやすい浦河ですが、地震・塩害・台風…などこの土地ならではの厳しい自然現象も多く見られます。

そんな時頼りになるのは、すぐに相談できる、確かな技術と経験を持った職人の方々。浦河でこれまで営んできた実績があるので、浦河ならではの困りごとも熟知しています。

「ガラスが割れた!」「リフォームを考えているんだけど…」「雨漏りがなんだかこの頃ひどい…」など、大小問わず幅広い住まいの困りごとを解決する、町内43の専門業者が掲載されています。


昨年5月に立ち上げられた浦河の若手建築グループ『URAKAWA yamori』ですが、浦河観光協会の主催する「観光ワーキンググループ」メンバーとして、これまで活動を共にしてきました。

※ URAKAWA yamoriが中心となって話し合いが進められた、平成28年度 第2回観光ワーキンググループ会議の様子はこちらから! ☞ http://www.urakawa-tabi.com/news/436/

「観光」と一口に言っても幅広い関連産業のもと成り立っているため、ワーキンググループは浦河の今後の地域づくりを考える様々な団体・事業者のメンバーで構成されています。

浦河の気候風土に適した家づくりの文化を絶やさないように継承すること。
「うらかわらしさ」を付加価値としていえづくり、まちづくりにも貢献すること。
具体的には、家を建てたい・直したいけれどもどこに相談したらわからない…といった現時点で予想されるニーズに応えるべく、
相談窓口を設置し町内でのいえづくりに関するコンシェルジュ機能を充実させる。
教育分野と連携して今後の建築分野の人材発掘に努める。

浦河の現状をふまえ、地域を存続させるため立ち上がった若手有志のグループ。浦河観光協会では、今後もまちづくりに関する新たな活動についてともに考え、応援していきます。

『住まいの問題解決帳』は浦河町役場・浦河観光協会で無料配布しています。数には限りがありますが、もしもの時に備えておくと安心できる一冊になっています。

 

また、6月3日㊏・4日㊐に行われる『うらフェス』の中で、URAKAWA yamoriも端材を用いた積み木や箱、カトラリー製作ワークショップを開催予定です。

※うらフェスマーケット 6月4日㊐ 10:00~17:00 @浜町通り商店街

こちらも是非参加してみてくださいね!

 

☞ URAKAWA yamori製作『住まいの問題解決帳』についてのお問合せ

大野木材株式会社 ☎ 0146-22-2507

 

皆様からのメッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です