馬事資料館

馬事資料館
日高管内は全国の約8割の競走馬を生産し、その中で浦河町は、年間約1,800頭近くを生産する軽種馬の町です。その基盤は、明治40年に日高種畜牧場が西舎地区に設置されたことに始まります。

昭和12年に英国産「セフト号」を輸入し、その産駒から数多くの名馬が誕生しました。その後は「シンザン」「タケホープ」「カツラノハイセイコ」などの多くの名馬が生産されています。

馬事資料館は、そうした馬産地における馬関係資料の収集保管・調査・研究と展示により、馬の歴史、人との関係を学習、理解できるように、昭和55年に開館しました。

『ヒンドスタン号』

五冠馬シンザンの父親です。
戦後最高の種牡馬と呼ばれ、産駒には46頭が重賞勝、そのうち13頭が8大競走の勝ち馬です。


『迎賓馬車』

展示にある二頭引きで4人乗りの迎賓馬車は、明治31年に製作されたものです。日高種馬牧場(のち日高種畜牧場)で明治40年から昭和初期にかけて高貴な方の迎賓用に使用されたものです。幌は天井から前後にオープンできるようになっています。

 

 

名 称 馬事資料館
所在地 北海道浦河郡浦河町字西幌別273-1
電話番号 0146-28-1342
FAX番号 0146-28-1344
営業時間 9:00~16:30
定休日 月曜日・祝日・年末年始(12/30~1/5)
料 金 無料
その他情報 JRバス郷土博物館前下車 徒歩2分
JR日高幌別駅下車 徒歩7分

乗用車50台駐車(大型バス可)